2021年1月31日日曜日

お知らせ、「Go To 甲子園」事業で鉄道模型コンテス開催決定、臨時列車も多数入線の予定です

COVID-19感染拡大による経済悪化対策として文部科学省が実施する「Go To 甲子園事業」として、鉄道模型コンテストが当社沿線で開催されることになりました。
参加各校は臨時列車を仕立てて、作品をコンテスト会場へ持ち込みます。
普段は見られない各地の車両が当社に勢ぞろい。
皆様のご乗車とご来訪をお待ちしております。感染対策をしっかりとってくださいね。

なお、開催スケジュールにつきましては、緊急事態宣言が解除された後に決まります。

2021年1月1日金曜日

2021年、明けましておめでとうございます

新年、明けまして、おめでとうございます。

2021年の元旦の当社沿線は快晴。除夜の鐘がない大晦日でしたが、初日の出はいつもと変わらない年明けです。

今年もCOVID-19に振り回される1年となるのでしょうが、感染防止に努め、安全安心の輸送を実施してまいります。

大勢での外出をお願いする状況にはありませんが、本年もよろしくお願いいたします。

2020年11月30日月曜日

COVID-19の第3波が言われれおります

昨日も日本全国で2千名以上のCOVID-19感染が確認されております。

お客様におかれましては適切な感染対策を行い、感染防止と社会活動の両立をいただければと思います。

当社線におきましては、ほとんどの列車で、乗車率30%程度をキープしております。
車内ではマスク着用をお願いいたします。
また寒い季節となっておりますが、車内や待合室の窓等を開けての換気にもご理解を賜れば幸甚です。

2020年8月18日火曜日

COVID-19が終息しないこの日本において

COVID-19の感染が収まりません。

当社においても乗客の皆様にはマスクの着用をお願いし、車両の窓開けによる換気を実施しております。
ただし、当社の変電設備の余裕は大きくありませんので、ガランとした車内に大きく開いた窓などと言う贅沢は許されません。車掌には、適切な窓開けの実施を指示しております。このご時世で、窓を閉めている車掌がいても反発されないようにお願いいたします。

ぼおっとさんたちの団臨も順次再開しておりますが、同じ理由により、窓を開けるなら冷房するなとお願いしております。
さすがにぼおっとさんです、冷房を潔く諦めて、窓から吹き込む風を楽しんでいらっしゃいます。私も、ぼおっとになっちゃおうかなと、思ったり(冗談です)。

2020年1月12日日曜日

全国から臨時列車が入線する縁日のある無空寺、社員に聞きました(おしまい)

全国から団体臨時列車がやって来る、当社沿線の無空寺(むそらじ)、その「浄土棒宗」の信仰について、信者の社員に聞いてみた、最終回(4回目)です。

ちなみになんですけど、あの棒を拝まなければ来世は幸せにならないってことはないんです。アーメンや、南無阿弥陀仏、アッラーの他に神はなし、南無妙法蓮華経でも良いかもしれないけれど、あの棒ならば確か、といった感じです。他の宗教さんは、それだけじゃダメなのかもしれないし、そもそも来世に興味がないかもしれませんが。
キリスト教徒はアーメンだけ唱えてれば天国行けるほど甘くはないだろ。いろいろ大変だぞ、その昔は贖宥状を買えば良かったらしいけど、今はそんなことないはずだ。
それにしても、「ぼおっと」だけにこんなにスペース使ってマズくないですか?
他の宗教さんも、ウチで団臨を走らせてくれれば載せるよ。
いいですね、伊勢神宮ゆきとか、ローマゆきやメッカゆきは成田空港ゆきかな、熱田神宮ゆきも。やりたいですね。
N'EXとか運転難しそうだろ、ちゃんと勉強しといてね。
はい、がんばります。
「ぼおっと」でもそれなら良し。

今年の縁日では、JR貨物のEF66形も入線しそうです。
「ぼおっと」の信者のJR貨物 社員さんがボランティアで添乗して当社の運転士を指導いただけることになりました。クーラーは外すしていただきます。あんな不格好なものをつけて当社に入線させては、当社の沽券にかかわります。(先方は先方でいろいろご都合があることとは思いますが)
社員に「ぼおっと」がいようと、当社は誇りをもって鉄道事業を運営しております。
安全で快適な当社を使ってみなさんも、無空寺(むそらじ)の縁日に行ってみませんか。当日(1月14日)は、西武池袋線・元加治駅近くの円照寺でも縁日があります。

(おしまい)

「全国から臨時列車が入線する縁日のある無空寺、社員に聞きました」

(本記事の文責は当社にあります。固有名詞等について本記事に矛盾する事態が今後あっても当社は一切の責を負いません。)

2020年1月5日日曜日

全国から臨時列車が入線する縁日のある無空寺、社員に聞きました(その3)

全国から団体臨時列車がやって来る、当社沿線の無空寺(むそらじ)、その「浄土棒宗」の信仰について、信者の社員に聞いてみた、3回目です。

気を使うのは良いとしても、宗教だろ、なんか良いことはしねーのか。建物ばかり立派にしてたら、感心しねーな。
そんなことないですよ、助けを求められれば助けます。お寺に泊めたり、仕事を振ったり、できる範囲の手助けはしてます。でも、現世については何にもないんですよ、教祖様も、あれしろ、これするなとは言ってないんです。ただ、あの棒を拝めば来世は幸せになる、それだけです。
そうすると、信者は楽だな。
まあ、そうかもしれません。「ぼおっと」って呼ばれるのも分かるでしょ。ただ、ぼおっとしてたら世間様から見捨てられますので。現世については自活が求められる宗派とも言えますね。
夢も希望も持てねえな、そんな宗教じゃ。
それについては、いろいろなご意見があると思いますし、宗教の存在意義にも触れるとても重要なことですね。ちょっとここでは、なんとも申せません。
それにしても、財産あるし、乗っ取りを企む奴もいるだろ。
でも、教団として売ることはしないし、得するのは難しいんじゃないかな。
買わせるほうは?
一応、寄り合いみたいなものもありますから、大丈夫だと思いますよ。
お寺の、巨人って絵は買わされたんだろ。
ええーと、あれはですね、一応スペインの有名な画家のゴヤという人の作品と言われて買ったんでけどね、贋物じゃなかったんですけどね。
本物が贋物だったってわけか。
何でもお弟子さんの作品みたいですね。
おれはあの絵は好きだ。
ありがとうございます。


(上記リンク先サイトに載ってた画像ファイルの再掲です)

以下続く

(本記事の文責は当社にあります。固有名詞等について本記事に矛盾する事態が今後あっても当社は一切の責を負いません。)

2020年1月4日土曜日

全国から臨時列車が入線する縁日のある無空寺、社員に聞きました(その2)

全国から団体臨時列車がやって来る、当社沿線の無空寺(むそらじ)、その「浄土棒宗」の信仰について、信者の社員に聞いてみた、2回目です。

教祖も周りから気味悪がられてたのか。
はい。信者ができても追い出されてを繰り返した結果、あちこちに信者ができて、今ではあちこちから団体臨時列車が来るわけです。
ヘッドマークの「ぼおっと裏日本」とか「尾張ぼおっと」とかは信者が作ってるの?
はい、鉄道ファンもいれば、絵が得意な人もいますからね。
芸が細かいよな、付けたり、外したり、また付けたり。
マナーの悪いマニアに盗まれることはほとんどないですね。
あったのか。
二・三回かな。心が折れますよ。でも好きですからね、また作っちゃいます。
カッコいいからって盗むのはよくねえよな。
ええ、邪魔だったら、言ってくれれば外すのにね。
だから小まめに付けたり外してたのか。

以下続く

(本記事の文責は当社にあります。固有名詞等について本記事に矛盾する事態が今後あっても当社は一切の責を負いません。)